ページ

2016年8月26日金曜日

医者 だって 海外旅行を満喫したい。絶景・秘境おすすめ本 体験2(だけど多分続編なし) アメリカ国立公園

当初の予定では、絶景・秘境本にある各地の紹介をしたかったのですが、ちょっと飽きてしまったのと、やっぱり上がいたなぁと思ったので、今回でやめることにしました。

これですべてではないのですが、結構短期間の内に行きたいと思っていたアメリカの国立公園について行ってしまいました。完全にトーンダウンです。上記の写真はそれぞれの公園に行った際のマグネットです。

そもそも、そんなにいいところとは知らず、アメリカに留学された先生から、留学中はいろいろな国立公園に行きました。という話をきいてもいまいちピンと来ませんでした。

しかし、日本とは全く定義が違うようで、公園として自然を保護しながら、観光客もきちんととりこんでいる感じでした。そういう定義とかよりなにより、いろんな景色の雄大さを感じます。

西海岸や東海岸のイメージとは全く違うアメリカの雰囲気を感じることができ、ぜひ行ってほしいものではあります。しかしながら、自分が直接感じたように、普通の観光地と違い、圧倒的に日本人は少なかったです。というのも、1つ1つが結構内陸部にあり、2つを掛け持ちすることも結構大変で、以下のように地球の歩き方でもいろんなコースを推奨していますが、1週間以上のことがざらでした。従って、一般的な医師の場合、普通に行くのは難しい、しかも内陸部では国際学会があまりないので、ついでにもなかなかいけないところなのです。
なるほど会う日本人の多くは、定年退職された方が多かったです。高齢者になってからではトレッキングが問題にもなるなぁと思いましたので、留学のついでに行くしかない!

と思いました。以前に留学したことのあるヨーロッパの国では整形外科医でも1ヶ月の連続休暇を義務としてとっていました。 日本医師の場合は、金銭的自由だけでなく、時間的自由も課題の1つだと思います。

やっぱり上がいるなぁという医師先生の紹介と、上述の地球の歩き方の紹介です。アメリカ留学とくに西海岸よりの留学を検討しているならマストアイテムです。

その先生の紹介:前回の記事で調べた中の心臓外科医先生の報告の候補でしたが、2年間の短期間でめちゃくちゃたくさんのところにいっています。多分自分も2年留学すれば可能でしょうが、
n数で負けを認めました。 (クリックでリンク)




2016年8月25日木曜日

「臨床(っぽい)研究留学」の参考サイト 心臓外科医 編

パーッとサーチして見つけました、「臨床(っぽい)研究留学」に合致する、というかあーこういうのが
臨床研究留学なのだ、と思うブログサイトを見つけましたのでその紹介(いったん”っぽい”ってつけたからなぁ)


Masa in OR(クリックでリンク)

というものです。日本で心臓外科医であるブログ主のMasa先生が、アメリカのJohns Hopkinsに留学し、
Ope室での心臓外科医の手術のモニタリングの研究、
”Cerebral Autoregulation during Cardiopulmonary Bypass”が主たるものとなっています。
もちろん手術をするわけではないのですが、有名外科医の手術を見学できる!というとてもテンション高い先生の記述は、きっとあー留学って面白いものかもしれないなぁと感じさせます。

実際もうこのブログは過去のもので開始から言えば5年も経っております。しかし、すごいのは、
最終的に今年Attending Surgeonとなっていた事です。すばらしいなぁと思いました。5年分の生活が事細かに書かれていて、おもしろく一気に読めます。本にでもしてほしいなぁと思います。


研究留学の特徴とその先にあるもの - 若手心臓外科医の会 JAYCS (クリックでリンク)
ということで、安達偉器先生の報告です。

整形外科医の先生にとっては、ピンくる分野かもしれない、Morphology(形態学)の研究です。
Cardiac Morphologyは、
「心臓の先天奇形はバリエーションが多いうえに,例え同じ疾患名であっても,その変異の程度は様々です。従って,心形態の異常に伴う血行動態の変化は多様であり,個々の状態に応じた治療方針や手術内容が要求されます。そのテーラーメイド性の高さが,先天性心疾患診療の難しさであり,面白みであると言えます。Morphologyという学問の目的は,心構造異常の本質を知る事により,病態の理解を深める事にあります。外科医にとっては,さらに直接的なメリットがあります。」
とかかれています。

こうやって考えると、整形外科の場合は、画像関連で放射線科とか、腫瘍関連で病理科とか、
ある疾患の動作の解析をすることによるリハビリテーション科とか、また工学的な要素が関係するバイオメカニクスの分野とか、臨床に密接した研究が多く展開できるはずなのです。

研究といえば、基礎、細胞を扱う、臨床と離れたものという位置づけでなく、臨床の直結した研究をしている施設をもあることを初段階のステージにいる先生方にも知ってほしいなぁと考えます。

最後に研究留学で、アメリカで成功し、帰国して、大学の教授先生になっている島岡 要先生の本の紹介で、今回の記事を終えます(臨床っぽくはないのですが、考え方がきっと参考になります)。

以下2つです。




2016年8月17日水曜日

「臨床(っぽい)研究留学」の参考サイト 整形外科医 編

先日の、「臨床(っぽい)研究留学」について、整形外科医でそんな留学を送っている先生方の記事をまとめます。本来の名目は異なる場合(海外研修とか)もありますが、内容的にそれに合致しているかなというものにしています。
お知り合いの先生、ちょっと話したことのある先生、病院は知っているがその先生自体全く知らない先生など 様々ですが、ご意見、削除依頼受け付けます。

① 京都下鴨病院 整形外科 森 大祐 先生
  期間:1年3ヶ月 留学先:トーマスジェファーソン大学

  まず興味深いのは、”勤務医でご自身のホームページを持っていること”、です。
  → リンク先
  
  ブログでなく、コンテンツがあるホームページを持つというのは、整形外科医では少ないと
  思います。集客も兼ね備えているのかもしれないなぁと思いながら注目すべきは、
  その中にあります、
  ”私のアメリカ留学(下線部クリックでリンク)”です。

  若手医師のために、という上司先生のご依頼のもと記されています。

  発端といいますか動機については、いろいろ書かれていますが、やっぱり臨床研究をするという
  ことから、日本でのある手術手技について広まっていないこと、に対して、たくさん手術を施行
  している病院に留学し、新知見を得たいという動機があったこと、これがキーかなと思いました。

 向こうでの主な活動状況は、手術見学、外来見学でした。
 当初は臨床研究がしたいといって行っているのに、そういった環境を獲得できないで、
 もがいている状況から、楽しいとは言い切れないと書かれています。
 
 しかし、2つめの報告では、それにもめげず、努力され、最終的にカルテ、画像所見の閲覧から
 一つの研究にまとめられていることが書かれています。
 
 自分の専門分野で興味のある事柄についてまとめて行く過程が把握でき、あぁこういった留学
 だったら、少しはしたいと思えるのではないかと思いました。


② 千葉大学 整形外科 中村順一 先生
  期間:3ヶ月 留学先:Leeds大学
 これは、渡航の主目的は、日本リウマチ学会が主催する”国際若手育成プログラム”の一環
 である、JCR-EULAR若手トレーニングプログラム であり、臨床研究が主たるものでは
 ありません。 (リンク(下線部クリックでリンク)
  いわゆる臨床研修というものであり、その施設における臨床医の活動等が詳細に
 記されています。 が、施設先の教授から、”ここでやることは決まったのか?”と問われ、
 アカデミックな活動を期待されていることがわかると、すぐに数名のスタッフと関わりを持ち、
 MRI画像に関するレポートにまとめています。海外の施設見学というのは、よくあるとは
 思うのですが、やる気と能力があると、こんな短期期間で研究をすることができるということが
 わかります。よく留学期間が1年であったり、半年であったりすると、それ以上費やした先生から
 は、そんな短い期間では何もできないとか、遊学だと揶揄されますが、そうではないということ
 を実証してくれます。

③ 兵庫医科大学 井上真一 先生 
  期間:1年 留学先:University of California San Francisco

④ 兵庫医科大学 西尾祥史 先生
  期間:1年 留学先:University of California San Francisco

 まとめてしまって大変恐縮ですが、この先生方はレポートでなくブログ仕様です。
 クリックでリンク → リンク
 一年を通じてどういった留学をしているかが詳細にわかります。
 
 読んで、自分の目指す(?)臨床っぽい研究留学の存在を再認識したのですが、①同様のスタイルではありますが、Scrubもされたりしていて臨床接触度が高いかと思います。また、この留学先であるUCSF大学は日本人医師との交流が結構あるようで、さまざまな大学からかわるがわる留学をされいてることがわかります。

 (余談:このUCSF留学で本まで書いている先生の本は下記


医師・研究者のための アメリカ留学完全ガイド
になります。)

 本題に戻しますが、行ってから臨床研究のテーマを模索して、臨床データ、画像所見を基にした
 データを纏め上げて論文にされているようでした。

基礎研究をされた、されている先生からすれば、単に見学しただけじゃん?とかいう低い評価を
受ける可能性がありますが、自分としては全くそんなことはないと思います。
またいつか記載できたらと思いますが、オブザーバーシップという制度は、アメリカでは認識される
非常に価値のあることだそうで、見学に関しても競争を勝ち抜かないといけないそうです。それでも
名門大学でオブザーバーシップをしたというのは、評価に値するようです。

ここまでまとめますと、基礎研究ではない、かといってアメリカ医師になる臨床留学ではない、
臨床っぽい研究留学というのは、確実に存在する分野であることがわかります。 手術手技の確立されていない分野においては、こういった留学はきっと価値あるものだと思います。




 
 




2016年8月2日火曜日

「臨床(っぽい)研究留学」に関する件 続き リンクスタッフの文章も同じだ!

先日、「臨床っぽい研究留学」について話をさせてもらいましたが、以下の文章、

「現在、大多数を占めるのが大学医局からの研究留学である。しかし、これは日本医局における箔付けでしかなく、目的意識を低い為(作者註:目的意識”も”だと思います。)、得るものも少ないのではないでしょうか?一方、対極的なのが、医師として技術を磨く為の臨床留学である。ここでは完全な実力だけの厳しい世界が待っており、その分得られるものは、大きいといえよう。」

この文章はどこかにオリジナルがあるのでしょうか?

リンクスタッフという転職サイトでも全く同じ文章があります!!


上記の誤字も同じ。同じ会社では
ないと思うのですが。 

あと、他気になるのは、こうったサイト出てくる、医師のモデルの方、同じ人がどこにでも出てきます。供給側が不足しているのでしょうか? 同じ人が、一般病院の医師としても、看護師としても、薬剤師としても奮闘しています。

と、この辺でやめておきます。

次回は有意義な話にします。


2016年7月31日日曜日

「臨床(っぽい)研究留学」っていうのもあるよ! レジデント・医学生向けの情報サイト、”レジデントスクウェア”への一意見

ぱーっと医師の留学で検索していると、上記のサイトがひっかかりました。

 レジデントスクウェア、レジデント・医学生向けの情報サイトだそうです。
(”クリック”を押すとリンクします)

海外留学の意義とは? ということで、以下は「」が引用です。

「現在、大多数を占めるのが大学医局からの研究留学である。しかし、これは日本医局における箔付けでしかなく、目的意識を低い為(作者註:目的意識”も”だと思います。)、得るものも少ないのではないでしょうか?一方、対極的なのが、医師として技術を磨く為の臨床留学である。ここでは完全な実力だけの厳しい世界が待っており、その分得られるものは、大きいといえよう。」

だそうです。が、ざっくり”研究留学”というのを一括りにしすぎていると思わざるを得ません。
確かに基礎医学にフォーカスした研究留学が多いと思いますが、一方で、臨床に近い、それに直結した研究で留学する先生もいます。 もちろん留学後に大学でなく医局関連の一般病院に臨床医として戻る方が大半ですので、基礎研究をした場合は、書かれていることは一部Agreeですが、
臨床に近い研究をされた場合、その行った先で、医師として勤務できなくても、メリットは大きいと思います。

特に整形外科医の場合、海外でも人気があり、臨床として活動することが狭き門だと思います。だとすれば、臨床に近い研究をすることは、帰国後にもメリットがあるのではないかと思います。

こういった臨床に近い研究と、外来の見学、手術見学という環境を留学先に整えることができれば、
日本の医師免許を取った後、アメリカの医師免許もとるというようなハードルの高い臨床留学を目指さなくてもいいのではないの? というのが自分の意見です。


2016年7月30日土曜日

英語論文も大事だが、書籍執筆も大事です。

 昨年ある先生からご依頼のありました書籍執筆、ようやく詰めの段階に入っています(リンク)。当初は今年の日本整形外科学会に間に合わせる予定でしたが、無理で、今は関連する学会が秋にあるのでそれに間に合わせようかということだそうです。

 図入りですが、ワードで25ページくらい書いたものが、綺麗に20ページほどにまとまるようでした。一般整形外科読者対象ですが、こんなチャンスなかなかないと思い、マニアックな内容も取り入れております。

書籍執筆が大事な理由は、些細なことですが、業績のポイントが影響します。昇任人事がポイント制であることはやっぱり無視できないのですが、なぜか査読論文より書籍のほうが3-5倍ほど価値が高く扱われています。 これは、査読論文の前提が、とくに英語というわけではなく、和文でも同等の扱いだからだと思います。何ヶ月もかけて作成する英語論文もワード換算では20ページくらい。 それが1か月もかからないでかける日本語の書籍より低く扱われます。もちろんどちらも共同執筆の人数に影響をうけますが。

やっぱり書籍、単著が一番ということになるのですが、このチャンスにはなかなかめぐり合えておりません。

執筆時間のコントロールについては下記が秀逸です。


できる研究者の論文生産術 どうすれば「たくさん」書けるのか (KS科学一般書)

2016年7月29日金曜日

高額な国際学会参加 を 見送る

 最近、行こうとした国際学会への参加を見送りました。

発表がある場合、当然”参加”しかないのですが、”新しい知見を求めて”の場合、参加するべきかどうか慎重に考えてもいいかと思い始めています。

というのは、国際学会の参加には一般医師の場合10万することもざらだからです。 
飛行機、宿泊費、滞在地での費用とか考えると30万くらい一気に消費します。 国内学会参加の場合、参加人数を集めないといけない都合上、抄録締め切り延長の上、全演題採択などざらなので、参加自体も医師の骨休め的に使用される可能性が高いのですが、国内と国外では費用があまりにも違いすぎるように思います。

最近では、国際学会といっても、そのWeb上で抄録がすべて読めてしまうものも出てきており、参加しなくてもおよそのトレンドが押さえられるなら行かなくてもいいかもしれません。 

一方で、締め切りを2回も延長するわ、参加費は10万だわ、それでも何のプログラムもアップされない学会も、別の理由で行かなくていいと思います。 自分の理由は後者です。