ページ

2017年10月18日水曜日

学会へ行く理由は一つじゃない あれもこれもつめこみプランな日とまったく行かない日

 今週学会に行くのですが、まだあと半年くらいあるのに、今年度の自分の予算というものを使い果たしてしまい、自腹でいく予定でした。 しかし産学連携で臨床研究を一緒に行ってくれるかもしれない先生と直接会って来るからという理由で、そちら側からお金を出してもらう事になりました。ぎりぎりセーフです(笑)

と、一見遊びで行くようにも見えますが、
自前の発表は2つする。
指導している大学院生にも発表してもらう。
というスケジュールでわりとまともな活動を送る予定です。

それ以外には、先の臨床研究をもっと大きいものにしたい理由で、重鎮の先生とお話させてもらおうかと思っていますし、他、ある企業の方と開発した製品の改良の話をしに行こ

2017年10月11日水曜日

地球の歩き方 は 1つじゃない。 でもとっかかりとしては、まだマストだと思います。

以前書いた”死ぬまでには行ってみたい”という場所に着々と向かっています。 

別にもうすぐ死ぬというわけでもなんでもないのですが、とにかく乗り換え、乗り換えの連続で、体力がある内とは思います。よく頑張って稼いで、定年後に楽しいことに使うみたいなことは、よく聞くことですが、こと日本から遠い場所への旅行は、そんな時期をまっていられないと思います。ちなみに以前に書いた”脂肪肝”っていうのも、今年の健康診断でなくなっていてやっぱり、体重コントロール、適度な運動は大事であると思います。

さて表題の”地球の歩き方”ですが、学生時代は、よく読んでおりました。これをもってでかけ、この通りに行くなんてことも普通でした。なぜかといえばインターネットの普及で情報が簡単に得られるようになったからですね、当然です。しかし、学生時代は外国のホテル予約するのにFAXしていたこともあるのだから、圧倒的な技術革新、その普及に圧倒されます。

そんな背景もあって、最近は、行くところの地球の歩き方など確認することをしなくなっていました。しかし、ちらっと成田空港内の電子機器扱っているコーナーのカドッコに並べてあったので、ぱらぱらとみてみました。その国のみではない本だったのに(たとえば2,3つの国がまとまっていることも結構あります)、その行きたい場所っていうのにはかなりのページ割いているいるじゃないですかー。 あー見ておけばよかったと思い、躊躇しましたが、その数ページに2000円は高いなぁ。もう行くことないかもしれないのにと、迷ったあげく、かどっこで店員さんがまったく来ないことをいいことに、必要な部分をデOOメに収めました。 これで安心して行けます。ということで、やっぱり基本を押さえるのにはいい本だと思いました。


2017年10月4日水曜日

学会運営って大変だと思いますが...。

学会運営などしたことはありませんし、したいとも思いませんが、今年発表する
学会の運営の適当ぐあいったらありません。

一つは、演題募集って集めておきながら、いざプログラムをみると、学会期間の4日間
のうち、採択演題の発表は1日!しかなく、あとは招待演題のようなレクチャー演題
というものがありました。連絡もないから聞いてみると、Rejectではなかったのですが、ポスターはおろか、学会で配られるであろうProceedings
の中に”貴重な抄録”ってというところにまとめられます。という報告でした。当然、こんなアホな学会に行く気は完全に失せたました。

次は国内。学会が迫ってくる、というかもう3週間はない状況でも一向にプログラムもないし、学会参加費の呈示もない、という状況で、これでは出張伺いも出しにくいという状況でしたが、2週間ちょいとなった今ようやくプログラムがでました。

確認すると、少し前にもらった採用となってかかれていたプログラムナンバーとかは
あっていたのですが、発表の日にちに誤りがありました。 自分の予定を組みなおししたほうがいいことになりました。

運営って大変だとは思いますが、上記のような目にはもう遭いたくないとは思いました。
毎年、毎年同じような演題も多いでしょうし、そろそろこういう文化も見直される時がくると思う昨今です。後者などは学会会員であったりするので発表もするかな、とか思いますが。

2017年9月16日土曜日

自分の研究成果で共同研究者(外国人)が国際学会で発表する

 先日、海外の共同研究先の方とお話して、今後の予定について検討しました。 研究者ベースで考えれば論文を出版することが第一命題であることはわかっていますが、このハードルが日本人にとって厳しいとは思います。

 したがって次の方針としては、その題材で海外で発信しておき、その分野での自分たちの立ち位置を認識させるということも大事であると思います。著者に臨床家がいれば、論文になっていなくても、成果を公表して、その学会メンバーにはアピールできる、ということに使われることもあることがわかりました。

また、「第一著者として存在しながら、それ以降の共同研究者が、国際学会で発表する」ということは、自分の一定の評価も担保してもらえるし、大筋が変わらなければ、スライド作成もおまかせできる立場なので楽チンです。

 今のところこんな経験は2回しかありませんが、論文とは違った価値があると思います。


2017年9月10日日曜日

学会はストックビジネス(資格ビジネス)的な面もある

 入局した当初、「君たちは、これから整形外科の専門として働くのだから、整形外科学会入会はもちろん、リハビリテーション学会、(地方の冠のついた)災害外科整形外科学会、OOO学会(忘れました、3,4つだったと思います)に入るように」と言われました。
 整形外科医として活動をしていこうと思ったので、整形外科専門医は取るほうがいいよな、とは思いましたので入会しました。が、他のは入りませんでした。これによって毎年1万くらいの年会費を15年以上払わなかったので、30万円くらい儲かったのかも。と思います。
 他の学会で必要なものも出てくるはずなので、このあたりは、慎重に見極める必要があるかもしれません。
 しかし、一方で学会を取り仕切るほうからすれば、どんどん入会してほしいということになると思います。それだけ大きな金額を動かせることになるからです。そういったことから専門医という制度があるのではないか、と考えると、携帯電話料金の、月々いくらプランとなんら変わらないストックビジネスであることがわかります。なるべく多くの入会者がいるような仕組みの一つが専門医ということになると思います。もちろんそれを取得するために勉強することになりますので、おそらくはそれをもっていない方と比べると、勉強しているかもしれないので、専門医を目指すことは間違っていないと思います。 また同時に専門医、非専門医というヒエラルキーが存在することになるので、上位にいれば
ぱっとみいいだろうっていうことで、取得することへの対価のようになると思います。

 しかし、金銭的に考えれば、それによって恩恵を、といいますか率直に給料に反映するのかというと、必ずしもそうでなく、単にいいカモという可能性があります。整形外科専門医も今後どうなるかわかりませんが、今は5年に1回の更新で、そのあいだに維持のため一生懸命講習会に参加するっていうのは、もし、学会を取り仕切るほうにすれば、うはうはです。そういう観点からすると、例えばある学会で、資格を設けます、その更新期間は2年毎とか言われると、どうしても、資格をとって、かっこいい自分に!とか思う一方で、2年ごとをこれからしないといけないのか、ずーっと、とか思い躊躇してしまうことがあります。 金銭的うまみなしで。 やっぱり医療というのは、そういったスタンスでするようにという姿勢が染み付いているのでしょうか。 でも国際学会とか行くと、学会参加費だけで10万円ぐらいかかることもあり、用意する側も、参加する側も大変だなと思います。

 この問題は、学会というからには、医師だけでなく、他の医療業種まで影響を与えています。 先日、再生医療学会というものがあり、その認定医制度(これ3年に一回の更新でした。)があると知ったんですが、他に、”臨床培養士”っていうのもあるそうで(出典)、

そうなんだー、とか思ったのですが、日本輸血・細胞治療学会というのがあり、そこには、”細胞治療認定管理師”などというのがあって、その説明では、
本制度は、医師、臨床検査技師、衛生検査技師、臨床工学技士、薬剤師や看護師など医療系の国家資格を対象としている点が、日本再生医療学会認定の臨床培養士と異なります。
って書いてあって、いきなり線引きしています。 各学会が仕掛けるビジネスに競合があれわれるっていう感じなのでしょうか(まちがっているかもしれませんが)? 最終的には、保険収載の管理料とかの点数がつくことになって、そこで病院はようやくうまみを授与できるのですが、各学会は予想した利益を折半する感じ、最後に資格をとった方たちは、うまみなし、おそらくはまず名誉だけってことになるのではないかと思ったわけです。

長くなりましたが、まぁこういう見方もできるのかもしれないな、という程度に思っていただけたらと思います。





 

2017年9月3日日曜日

ついにできた!竹中直人の真似。 

変なタイトルで恐縮です。
先日、ある研究会で賞を受賞しました! 賞を取るというのは本当名誉なことで、
久々であるし、自分の限界を感じていたので、もうないだろうと思ってましたが、
海外の施設と共同研究を企画した結果、そういうことに到達しました。
海外へ行くっていうのは、こういうメリットがあると思います。

確かに、受賞はお金になるということは少ないのですが、でもお金で買えない、という
ことで名誉なことだと思います。

そんな折、「では、先生一言」と言われ、しどろもどろの感謝の気持ちを述べ、
今後もがんばっていくということ伝えました。そのとき、ふと件名の竹中直人のこと
を思い出しました。Youtubeなど検索しましたが、出典は明らかにできませんでしたが、まじめな舞台あいさつの後、最後の”おじぎ”をするところで、思い切りマイクに頭を打ち付けて、いてーとかいうことをしていたのです。
これ、見たとき、自分もそういう登壇があったら絶対してみよう!と思っていたのですが、時のかなたで忘れていましたが、マイクみた瞬間思い出しました。

会場ではうけたのか、、よくわかりませんでしたが。

2017年8月27日日曜日

特許庁長官殿! にひさびさ手紙書く

ちょい前の6月に、”整形外科的まとめBlog”の先生に記事にしてもらった際(リンク)、
「先生のブログは研究方法と特許の件で参考になっております。」とコメントもらい、責任を感じておりました。というのも特許の事って、興味が少しあっても、なかなか現状がわからない分野である、とは思いながらも、一般知識も少ないし、具体例はなかなか一般化しづらいということもあってそれほど記事がないよなぁと思っていたのでした。

が、今回久々、それに関連する記事をご用意できました(といっても中身薄)!